自分を守るため

示談交渉をおこなうことになりますが、自分でおこなうことがいいのか、弁護士に相談するべきなのかを考えていかなければいけません。

結論からいけば、交通事故の示談交渉ということでは、弁護士に依頼するのが一番です。なぜかといえば、保険会社との交渉は、困難を極めます。

保険会社は、できる限り、自社の支払う金額を下げようとしてくるでしょう。

これも当然のことです。ですが、被害者側として考えれば、そうはいきません。できる限りの補てんをしてもらわなければいけないのですから、交渉を扱うことになるでしょう。

弁護士は、こうした交渉を肩代わりする存在です。法律のスペシャリストであるということが重要ではありますが、それ以上に交渉のプロであるということが重要でしょう。実際に慰謝料という言葉を使ったりしますが、どんな基準で請求するのかということは、一般の人では理解しきれません。

実際には算定基準が存在していますが、十分な知識があっても対応するのは問題も出てきます。

知らなければ、著しく低い金額になってしまうことも出てくるのですから、弁護士を入れないだけでも不利になっていくことになるでしょう。弁護士を入れるということは、自分を守ることであるといえるのです。

自分の代わりになる